5年ぶりのパリ

カテゴリー パリに住みたい理由

最後に記事を書いたのが6月なのですが、実は9月に1週間パリに行ってきました。
また、FC2ブログからはてなブログにお引っ越ししました。
主に仕事面で状況が変わり、もう少し日本で働こうかなと思っていたのですが1週間パリに行ったことで、「やっぱりパリに住まないと後悔する」と思い、このブログも再スタートします。
 

パリに行ってきたのは、半分お仕事です。
インテリア・雑貨の見本市、「メゾン・エ・オブジェ」に行ってきました!
噂には聞いていましたが、すごく広くて、見たことのない雑貨・インテリアが盛りだくさん!
圧倒されてばっかりでした。
フランス語は話せませんが、出発する前までに英会話を練習したので、展示会では英語でなんとかやり取りできました。
英会話は今はやりのレアジョブで。
レアジョブのフランス語バージョンもあればいいんですが・・・!
 
パリに行くのは実に5年ぶり。
5年の間に私の中でだいぶパリが美化されていたということが分かりましたが、それでも有り余るパリの魅力!
やっぱり好きなんだなぁと思います。

 

 

以前、パリ症候群の説明の記事でセーヌ川が臭いと書きましたが、あれ、セーヌ川だけじゃなかったです!
駅や道ばたでもたびたび公衆トイレの臭いに出会いましたし、まさに現在進行形で用を足している人にも2回すれ違いました。
しかも1人はシャンゼリゼ通りでおもむろに用を足し始めたので、その大胆さにちょっと笑ってしまいました。
 

今回は4回目のパリということで、なるべく歩いて廻るようにしました。
パリの雑貨事情を知りたかったので、雑貨屋さんや百貨店、パッサージュなどお店が集まっている場所を中心に巡りました。
 
美術館もすごく行きたかったんですが、今回はちょっと我慢・・・!
ただ、ルーブル美術館と、ポンピドゥーと、アンヴァリッド(ナポレオンのお墓と軍事美術館があります)だけちょこっと行ってきました!
ルーブル美術館は年間パスがあるようなので、ワーホリ期間中に取りたいですね。
 

あとはセーヌ川下りをしたり、凱旋門の上に登ったり・・・!
セーヌ川下りは実は初めてで、川からパリを見るとパリの汚い部分が見えず、いつも以上に美しく感じました。
 

街並みもそうですが、一番いいなーと思ったのは、自由でいられる雰囲気でした。
みんな違ってあたりまえ、という雰囲気かな?
これはフランス以外の外国でもそうだと思うんですが、日本の常識とかこうあるべき、空気読めという雰囲気を感じずに過ごせるのはすごく楽でした!
慣れてきたらフランスの常識みたいなのが分かってくる可能性はありますし、なんだかんだ空気読む必要もあると思いますが。
一年住んでどんな風に感じるのか、楽しみですね。

ということで、引き続きパリの生活について調査していきたいと思います!

 

Sponsored

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です