スイス航空でローマからパリへ

カテゴリー パリから小旅行

今回は、前回のイタリア旅行の帰りの話です。
ヴェネツィアから電車でローマへ行き、帰りはユナイテッド航空系列のマイルを使ってスイス航空で帰りました。
スイスには行ったことがないのですが、なんだか昔から思い入れがあって、中学校でパワポで何か好きな題材をプレゼンするっていう授業が有り、そのときはスイスについて調べてまとめました。
ハイジが好きだったのと、チョコレートがおいしそうだったからだと思います(笑)
そんなスイスなので、利用するのは空港だけですが結構わくわくしていました。 

スイス航空を利用してみて

飛行機ら、ローマのフィウミチーノ空港から乗りました!
フィウミチーノからチューリヒまで行き、そこから2時間後の乗り継ぎ便でパリに行く手はずでした。

f:id:ufufuya:20150911051928j:plain

こちらは、空港にあったフェラーリカフェです。めっちゃおしゃれ!

 

手荷物検査が終わったあと、搭乗ゲートを確認しようと電光掲示板を見るのですが、なんと搭乗ゲートが書いてない。
他の便は、A16とか、D32とか、アルファベットのターミナル名と搭乗ゲート番号が書いてあるのですが、スイス航空のはBのみ。
どういうこと!?と一瞬焦りましたが、よく見ると他の便でも何個かアルファベットのみのものがあり、どうやらゲートがまだ確定してない感じでした。
ただ、搭乗予定時刻を過ぎても表示されず、実は私が見落としたり聞き損ねてたりして、もう搭乗が始まってたらどうしよう!とも思っていました。
どうやら飛行機の準備が遅れていたみたいで、出発時刻の10分前にようやくゲートが表示されました!
ゲートは決まったものの、すぐに飛行機に乗れるというわけではなく、搭乗できた時には予定時刻の約30分遅れになっていました。

乗り込んでほっとしつつ、旅の疲れか少し眠ってしまいました。
起きたら30〜40分くらい経っていたのですが、なんとまだ離陸しておらず!
英語がちゃんと聞き取れなかったんですが、天候のせいか何かで、離陸できていなかったようです。
雨は降っていないのですが、少し厚めの雲があるような天気でした。 
大丈夫かな〜と思いつつ、離陸できたのは予定の出発時刻の1時間半後。
このままだとスイス空港に着くのは、乗り継ぎの便の搭乗時間ぎりぎりです。 
少しでも遅れたらアウトかも・・・と心配になったのですが、ほかの乗り継ぎに間に合わないお客さんに対して、CAさんが「空港で別の便を手配するのでご安心ください」ということを言っていたので、ちょっと安心しました。
というか、もしさらに遅れたらスイスに泊まれるんじゃない!?という野心も湧いてきました。笑
これがイージージェットなどのLCCだったら代わりの飛行機は自腹だと思うので(オプションをつけていない限り)、この辺はさすがですね。

結果、スイス空港にはその後スムーズに到着し、乗り継ぎ便にも間に合いました!笑
スイス空港は15分くらいしか滞在できないのが残念でしたが、まぁ間に合って良かったです。
窓から見たスイスの景色がすごくきれいでした!

スイス航空は、遅れはしたもののサービスはすごく良かったと思います!
ローマ〜チューリヒ、チューリヒ〜パリ間はそれぞれ1時間〜1時間半のフライトだったのですが、ローマ〜スイスではハーゲンダッツのアイスクリームとスイスのチョコが貰えました!(飲み物ももちろん出ました。)
スイス〜パリでは、ちょうどお昼時だったので、シンプルなハムとチーズのバゲットサンドイッチと、またまたチョコレートが。
日本の国内線でも、サンドイッチは出ないですよね。
CAさんもみんないい人でフレンドリーでした。

パリのシャルルドゴールにもうすぐ着陸するというとき、窓から空港の敷地の風景を見ていたのですが、草むらで何かうごく影が。
何か茶色いうさぎみたいなのが飛び跳ねています。
まさかこんな所にうさぎはいないでしょ、とその場所は通り過ぎて行ったのですが、さらにまた同じような動物が!
全部で20匹くらい見たんですが、やっぱりどう見てもうさぎでした!笑
シャルルドゴール空港、うさぎ居ます!!!
本当にピーターラビットみたいな色をしていました。
さすがにあそこで空港がうさぎを飼っているとは思えないので、野生のうさぎだと思うんですが・・・。
スイス航空はターミナル1に到着したので、ターミナル1を利用する場合はぜひ草むらを見てみてください。笑

 

ローマの感想もちょこっと

ローマは大学1回生のときに初めての海外旅行として行ったことがあったのですが、そのときは初めての海外!ヨーロッパ!ということで、ヨーロッパの景色としてひとくくりで考えていたのですが、改めて行ってみて、パリとローマでは全然建物や道の雰囲気とか違うんだなぁと気がつきました。
道や建物の雰囲気が、ローマの方が大胆というか大味というか、ざっくりとしていて、パリの建物は細かくて繊細なんだな〜と思いました。
あと、パリよりもカジュアルな雰囲気のお店が多くて、入りやすそうな雰囲気でした。
雑貨屋とかはパリの方が密度が濃いし、数も多いと思います!
町歩きをメインで考えると、パリの方が気になるお店が多いし景観も好きなので、なんでパリを何度もリピートしたのか理由がちょっと分かった気がします。
もちろんローマの町歩きも楽しいんですが、まだまだ見足りない!(街を)という感覚はパリほどは無いという感じでしょうか。
遺跡とか美術館は、行けなかった場所がまだまだあるので、そう言う意味では見足りないのですが。

あと、物価がパリよりも20%くらい安かったです!パリはやはり少し高いんでしょうね。
リンツの板チョコの価格で比べると、ローマ<パリ<スイス(空港ですが)でした。笑

今回、一番いいな〜と思った場所は、前回は行かなかったヴァチカン博物館です。
さまざまな年代のクオリティの高い美術品・資料が見れたのが面白かったです。
世界史の教科書に載っているような絵も多くて、それを間近で見れてグッとくることが何回かありました。
こちらはラファエロの「アテネの学堂」の絵です。

f:id:ufufuya:20150911051919j:plain

真ん中にいるのがプラトンとアリストテレスだそうです。

ミケランジェロの天地創造や最後の審判の絵があるシスティーナ礼拝堂は、ほんとうにすごい迫力!(写真は残念ながら禁止でした。)
天井の絵も、飛び出してくるかのようでした。

ヴァチカン美術館はチケットを買うのにかなり並ばないといけないので、あらかじめ前売り券を買うのがオススメです。
私は前々日くらいにスマホでEチケットを買いました。
実際に建物に入ってから、入り口の案内所でスマホの画面を見せるとチケットを引き換えてくれて、スムーズに入場できました。(印刷しなくても大丈夫です)
手数料が少し余分にかかりますが、オススメです!

ローマは4日間の滞在でしたが、とても満喫できました!
ただ、ローマはパリと比べるとめっちゃ暑かった・・・多分、日本の夏と同じくらいの暑さだと思うんですが、パリの涼しさに慣れていたので余計こたえました。
夏にローマに行かれる場合は、帽子があったほうがいいかも。日差しがかなり強いです。

f:id:ufufuya:20150911051921j:plain

こちらは、ローマの空港でみつけたおみやげ。ミラノのチョコレートかな?
パッケージがとても好きなので思わず撮ってしまいました。
ローマ、いつかまた訪れたいです!

Sponsored

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です