渡仏前にオススメ♪パリ・フランスが舞台の映画

カテゴリー パリの音楽・映画

私はもともと映画が好きなのですが、渡仏前にフランスの映画をちょこちょこ見ました。

フランス生活の予習兼、「あ、ここ映画で見た場所だ!」というのがあると嬉しいよなぁと思いまして。

f:id:ufufuya:20151105223148j:plain

こちらはレオナルドディカプリオと渡辺謙が出演した「インセプション」で使われた橋で、先日この橋の近くを通ったので寄ってみたのですが、ちょっと嬉しくなりました。

今日はメジャーなものもマイナーなものも含め、私が見たパリやフランスが舞台の映画を紹介したいと思います!

ミッドナイト・イン・パリ (2012年)

オススメ度 ★★★★★


映画『ミッドナイト・イン・パリ』予告編 – YouTube

パリに旅行に来ているアメリカ人が主人公。
真夜中に突然やってきたクラシックカーに乗ると、1920年代のパリのカフェにタイムスリップ!そこにはヘミングウェイやダリやピカソが!!
というファンタジックな設定の映画。監督はウディ・アレンです。
わぁ〜パリに行きたいな〜という気分になります。

 

PARIS (2008年)

オススメ度 ★★★★☆


12月20日公開映画「PARIS(パリ)」予告編 – YouTube

もう名前がそのままですが、パリを舞台にした人間ドラマです。
登場人物それぞれにスポットが当てられ、それぞれの悩みや人間関係がていねいに描かれていて、派手さはないけど印象に残る映画でした。
いわゆるパリをすごく美化したような映画じゃなく、パリの街や人の雰囲気も自然な感じでした。
帰国して、パリが懐かしくなったらもう1度見たい映画だなぁと思います。

この映画のロケ地巡りについて書かれている公式ブログも発見しました!
有名な場所だとパレロワイヤルの庭園が映画のシーンで使われています。

yaplog.jp

 

アメリ (2001年)

オススメ度 ★★★★☆


Amelie Trailer – YouTube

はい、めっちゃメジャー所ですね。私はすごく好きな映画なのですが、人によって好き嫌いが分かれると思います。はまる人はどっぷりはまるんじゃないでしょうか。
ストーリーを楽しむというよりは、その世界観を楽しむ映画だと思います。
パリの素敵なところがぎゅっと凝縮されて、かつかなりメルヘンに仕上げられています。
私がパリに興味を持つきっかけになったのもアメリの影響かもしれません。
モンマルトルや北駅が舞台で、主人公のアメリが働いているカフェはモンマルトルに実在しています。
「カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」というカフェなのですが、私も学生の頃に行ってみました。確かクレームブリュレを頼んだ気がします。
アメリのロケ地情報はこちらをどうぞ!

paris.navi.com

ミックマック (2009年)

オススメ度 ★★★★★


映画「ミックマック」日本版予告編 – YouTube

「うーん、アメリは好きじゃなかったわ」という方にも全力でおすすめしたいのがこちら。
アメリと同じジャン=ピエール・ジュネ監督の作品なのですが、こちらはストーリーも世界観も楽しめる映画だと思います。アメリで出演している役者さんもちらほら出ています!
お父さんが地雷撤去中に死に、自分はひょんな事件で頭に銃弾を受けた(でも助かる)主人公が、個性的な仲間たちとその地雷と銃弾の兵器会社に仕返しをする、というストーリーです。
舞台はパリで、オルセー美術館の前の広場やムーランルージュ、サン・ラザール駅、ギャラリー・ラファイエットなど有名どころもたくさん出てきます。
私はDVDを買ってしまいました!今回紹介する映画の中で一番好きな作品です。

 

しあわせの雨傘 (2010年)

オススメ度 ★★★★☆


映画『しあわせの雨傘』予告編 – YouTube

フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴが主演の映画。彼女の代表作「シェルブールの雨傘」を所々オマージュしているようで、観た事がある人はより楽しめるかも。(ストーリーは全く別物です)
心臓発作で倒れた夫の代わりに、雨傘工場の経営をする話なんですが、登場人物がみんな個性的で誰もにくめなくて、わくわくしました。
上述した「PARIS」にでている俳優さん・女優さんも出演しています。
ポップなインテリアやファッションと、音楽も中毒性があります。(iTunesで1曲買ってしまいました。)
舞台はパリではありませんが、フランス好きな人にはぜひ観てほしい映画です。
(余談:個人的に1番印象に残っているのは、ピュジョル(夫)が心臓発作の療養中に観ているテレビのオープニングシーンです。)

 

クロワッサンで朝食を (2013年)

オススメ度 ★★★☆☆


フランス映画 『クロワッサンで朝食を』予告編 – YouTube

こちらはフランスの大女優ジャンヌ・モローが主演した映画。渋いです。
これを観て、クロワッサンはスーパーじゃなくてパン屋で買おう!と思いました。(影響されやすい)
パリに住む老婦人とその家政婦の友情の話で、家政婦さんはエストニアからパリに働きにくるのですが、あこがれの街パリに来たときのわくわく感に共感しました。
今調べたら、実話なんだそうな!パリの自然な街並を楽しめます。

ダヴィンチ・コード (2006年)

オススメ度 ★★★☆☆


The Da Vinci Code – Official Trailer 1 [2006] [720p HD …

最後はこれ!ダヴィンチコードです。
割と最近の映画だと認識していたのですが、もう9年も前の映画だったんですね・・・びっくり。笑
アメリの主演オドレイ・トトゥも出ています。
ジャンルとしてはミステリー?サスペンス?で、ダヴィンチに関する知識や絵画を使って謎を解いて行きます。1回観ただけではちょっと「?」が残ったので2回観ました。笑
ダヴィンチコードのロケ地巡りはこちらが詳しかったです。(ネタバレがあるので注意!)
ルーヴル美術館とサンシュルピス教会が有名どころです。

4travel.jp

 

【おまけ】インセプション


Inception – Ariadne Learns How To Build Dreams …

ちなみに、一番最初に紹介したインセプションの橋のシーンはこちらです!
2分30秒あたりから橋のシーンになります。その前のシーンもパリの風景だと思います。
この動画を観るだけで、インセプションをもう1度観たくなっちゃいました。
一番最後、なんか怖い終わり方をしていますが、これは夢の中という設定なのでご安心を!笑

f:id:ufufuya:20151105223240j:plain

フランス映画、こちらでもまとめられていたのでご紹介します。
「パリ20区、僕たちのクラス」「最強の2人」が気になります。

matome.naver.jp

もしおすすめのフランス映画があったら、ぜひ教えてください♪

 

Sponsored

 

渡仏前にオススメ♪パリ・フランスが舞台の映画” への2件のフィードバック

  1. 初めまして、私もフランスへのワーホリを考えている者です。
    同じ年なのですが、懸念事項がいろいろあってまだワーホリに踏み出せていないのですが、私もいま死んだら
    フランスに行きたかったのにと一番に思うだろうと前から思っていたので
    こちらのブログを見つけてとてもうれしくなりました!
    これからも楽しみにしています^ ^

  2. Kaoriさん
    初めまして!コメントいただきありがとうございます。
    同い年、しかも今死んだら・・・というのにも共感していただけてとても嬉しいです!!
    Kaoriさんのブログも拝見しました!Kaoriさんもパリが大好きなんですね♪
    パリでの結婚式の写真がとても素敵で感動しました!
    どうぞこれからよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です